上まぶたのアンチエイジング ~サンケンアイ(まぶたのくぼみ) ヒアルロン酸注射 脂肪注入 眼瞼下垂 眉下切開&脂肪移植




トップページ > おすすめの治療法 > サンケンアイ(まぶたのくぼみ)

-Contents-

サンケンアイの原因と治療
脂肪注入・ヒアルロン酸注入
脂肪移植
腱膜リペア
Q&A サンケンアイ

サンケンアイ sunken eyelids

サンケンアイの原因と治療

1.サンケンアイの2タイプ

<タイプ1> 眼窩脂肪の不足
原因1:
生まれつき眼窩脂肪が少ない 
原因2:眼窩(眼のほらあな)が広がる
(加齢に伴い壁の骨が痩せる

<タイプ2> 脂肪の不足なし
原因:
まぶたのゆるみ(腱膜のゆるみ)により眼窩脂肪が眼の奥に引っ込む

⇒原因に応じた治療をしないと失敗する


2.サンケンアイの治療

タイプ1(脂肪の不足) 
→脂肪注入、脂肪移植、ヒアルロン酸注入
タイプ2(腱膜のゆるみ)
腱膜リペア

※サンケンアイに悩む方は多いです。皆さん脂肪やヒアルロン酸注入を考えて来院されます。しかし、やみくもに注入しても良くなりませんし、すぐ再発します。その上、腱膜の弛緩がある時に脂肪を注入すると、脂肪の重みでまぶたが開けにくくなることがあります。



脂肪注入・ヒアルロン酸注入

1.ヒアルロン酸をまぶたに注入
2.自分(太ももなど)の脂肪を吸引し調整してまぶたに注入する

脂肪注入 サンケンアイ

▼適応患者さん  
タイプ1 「眼窩脂肪の不足」

✔1.「生まれつきに眼窩脂肪が少ない」患者さん....
✔2.「加齢による顔の骨の痩せ」が気になる患者さん....

※不足している脂肪を足す/骨が痩せた分脂肪を足すという概念です。

利点

✔ふくらみ度合いを調整可能
 
→必要なら追加注入
✔ダウンタイム少ない
 
→内出血など少ない
✔傷跡なし
 →注入部位、吸引部位ともに目立たない

▼欠点

<脂肪注入>
1.生着の量の個人差
2.体重により脂肪の体積が変化
例えばお腹から移植した脂肪は、後でお腹が太ったら移植した脂肪も太ってしまう!
→少なめの注入が安全

<ヒアルロン酸注入>
1.ヒアルロン酸が注入後に膨らむ

2.アレルギー・異物反応(ごくまれ)

※ヒアルロン酸・脂肪が入れて欲しい部分に入らないときがあります。
まぶたの内部は膜で10層くらいに仕切られてますが、ヒアルロン酸・脂肪を入れるべき層はそのうち1-2層です。

参考症例

▽まぶたのタルミ + サンケンアイ(まぶたのくぼみ)

脂肪注入 サンケンアイ
●太ももから脂肪注入
(CRF コンデンスリッチファット)
 


脂肪移植

タイプ1(脂肪の不足)

真皮つきの皮下脂肪を、(他の部位から)まぶたに移植する

サンケンアイ 眉下切開 真皮脂肪移植

▼適応患者さん  
タイプ1 「眼窩脂肪の不足」

利点

✔失敗が少ない
 
→くぼみの位置に正確に移植可能
✔眉下切開との組み合わせ
 
→切り取る皮膚を使うのでムダがない

注意点

✔移植脂肪の処理
✔移植する部位の処理


※眉下切除の真皮脂肪移植は、京都の林・冨士森先生が報告した術式です。一石二鳥の方法です。

参考症例

▽まぶたのタルミ + サンケンアイ(まぶたのくぼみ)

眉下切開 脂肪移植
拡大眉毛下皮膚切除(幅12mm) + 真皮脂肪移植 
二重まぶたの感じを変えずに、タルミおよびサンケンアイが減少。
眉下の傷跡は目立たない。

 

▽まぶたのタルミ + サンケンアイ(まぶたのくぼみ)

眉下切開 脂肪移植
拡大眉毛下皮膚切除(幅14mm)  + 真皮脂肪移植
一重まぶたの感じを変えずにタルミが除去された。サンケンアイは減った。
眉下の傷跡は目立たない。


腱膜リペア

<タイプ2> 腱膜がのゆるみ →眼窩脂肪が眼の奥に引っ込む

腱膜リペアによるサンケンアイ治療


眉下切除 眉毛固定

脂肪注入を行ったが効果が少なかったために、二重まぶた腱膜リペア(腱膜固定)を行った。

▼腱膜弛緩の患者は多い
サンケンアイの患者さんの半数は、腱膜弛緩(けんまくのゆるみ)が原因です。
眼瞼下垂の多くの患者さんはサンケンアイになります。
眼精疲労・ひどい肩こり・偏頭痛に悩まされていることが多いです。

▼治療
腱膜リペア(腱膜固定)
眼瞼下垂症(視野障害+)の患者さんは、眼瞼下垂を治すとサンケンアイは随分少なくなります。
眼瞼下垂の治療で自然なまぶたに治したい方には、部分切開法二重まぶた・腱膜リペアで二重まぶたのゆるみもキレイに治療することをおすすめします。

利点

✔サンケンアイに大きな効果
 
→脂肪注入やヒアルロン酸注入より確かな効果
※腱膜弛緩がある場合に脂肪注入・脂肪移植を単独で行ってもダメ(再発します)。
✔まぶたが開きやすくなる
 
→眼精疲労・肩こりや偏頭痛が改善

注意点

✔移植脂肪の処理
✔移植する部位の処理
脂肪注入と同じで、移植する深さと位置は一カ所に限定されています。ただ移植しても、膨らんで欲しくないところが膨らむ結果になります。


参考症例

▽まぶたのタルミ + サンケンアイ(まぶたのくぼみ)

腱膜弛緩(ゆるみ)中等度の眼瞼下垂

眼瞼下垂 サンケンアイ まぶたのくぼみ 腱膜固定
●部分切開法二重まぶた・腱膜リペア
サンケンアイの改善(術後6ヶ月) まぶたは軽く、眼は開けやすくなった。

 

サンケンアイ 腱膜弛緩 眼瞼下垂 腱膜固定
●部分切開法二重まぶた・腱膜リペア
サンケンアイの改善(術後6ヶ月) まぶたは軽く、眼は開けやすくなった。



Q&A サンケンアイ

 

<次ページ> ≫≫ 眼瞼下垂症手術
ページトップへ戻る