上まぶたのアンチエイジング ~腫れぼったいまぶた 脂肪切除|脱脂|ROOF|ルーフ切除|全切開法二重まぶた手術|眉下切開




トップページ > おすすめの治療法 > 腫れぼったいまぶた

-Contents-

 腫れぼったいまぶたの原因と手術

腫れぼったいまぶた sunken eyelids

腫れぼったいまぶたの原因と手術

1.腫れぼったいまぶたの代表2タイプ

<眼窩脂肪タイプ>
眼窩脂肪が腫れの主体
→眼窩脂肪の切除

<ルーフタイプ> 
中隔前脂肪・ルーフ(ROOF)が腫れの主体
→ルーフ切除

ルーフ(ROOF)・眼窩脂肪の両方のタイプもあります。
脂肪の他にも涙腺タイプや、眼輪筋、バセドウなども、腫れぼったいまぶたの原因となります。

腫れぼったいまぶた 脂肪 二重まぶた


2.腫れぼったいまぶたの手術を成功させるには?
腫れぼったいまぶた 二重まぶた 脂肪 切除 ルーフ

※腫れぼったいまぶたは、そのままでは格好の良い二重になりません。腫れぼったさの原因の組織を取れば自然なまぶたに仕上がります。まぶたのピンチテストやMRIなどでぶたの厚みを計算して、どの組織をどれだけ残すのかを決める手術計画が重要です。


1.眼窩脂肪タイプ

眼窩脂肪は2つある。必要な組織を必要なだけ切除する。
1.眼窩内側脂肪織
2.眼窩中央脂肪織

眼窩脂肪切除は、随分昔からあるまぶたの腫れぼったさをとる方法です。
ただし、眼窩脂肪のどの部分をどれだけ切除すべきなのかが議論の対象になったのは、比較的最近です。

▼適応患者さん  
「眼窩脂肪タイプ」

✔1.「生まれつきに眼窩脂肪が多い」患者さん....
✔2.「加齢による眼窩脂肪の垂れ下がり」が気になる患者さん....

特徴

✔手術が簡単
 
→脂肪の固まりを適量(アズキまたは大豆の大きさ適度)取り除くのみ

※中央脂肪織は、加齢によりくぼむ傾向があります。


参考症例

▽まぶたのたるみ&腫れぼったいまぶた

腫れぼったいまぶた 眼窩脂肪 二重まぶた
全切開法二重まぶた手術 眼窩脂肪切除(内側脂肪織 中央脂肪織) 腱膜固定術
腫れぼったいまぶたが、薄く自然な二重まぶたになった。
まぶたは開けやすくなった。
 


2.ルーフ(ROOF)タイプ

厚いまぶたを薄いまぶたにするために開発(2008年米国論文報告)
①.部分中隔前脂肪切除術
 
やや厚めのまぶた
②.全中隔前脂肪切除術
 
対象:厚いまぶた
③.拡大中隔前脂肪切除(ROOF、ルーフ切除)
 
対象:非常に厚いまぶた

出典元:Akihiro Ichinose. Extended preseptal fat in Asians 2008

腫れぼったいまぶた ルーフ切除 脂肪
出典元 一瀬晃洋 専門医のための眼科診療クオリファイ「眼形成手術」

「非常に厚いまぶたを薄い自然な二重まぶたにする良い方法」は、2000年頃はありませんでした。
どんな厚いまぶたでも薄くする術式を作るため、腫れぼったいまぶたの解剖学研究を行い、中隔前脂肪・ルーフの厚みが腫れぼったさの犯人であることを解明しました。
中隔前脂肪・ルーフ切除法を考案し、改良を重ねて3種類の切除方法として発表しました。
ルーフ切除は技術的に難しいこともあり普及には時間がかかりましたが、国内外で学会報告を続けた結果、最近ではアジア人の眼瞼形成術において重要な手技になってきています。

ルーフ切除の特徴

✔ほとんどの腫れまぶたに適合
 →
非常に腫れぼったいまぶたも薄くできる。眼窩脂肪切除では効果が少ない症例に対しても使用可能。
✔技術的には難しい
 
→脂肪を広い範囲で正確に削り取る技術が必要(一カ所のみ切除すると凹む)


参考症例

▽まぶたのタルミ + 腫れぼったいまぶた

腫れぼったいまぶた ルーフ切除 脂肪
●拡大中隔前脂肪切除(ROOF  ルーフ切除) 腱膜固定術
腫れぼったいまぶたが、薄く自然な二重まぶたになった。
まぶたは開けやすくなった。

 

腫れぼったいまぶた,ルーフ、脂肪、二重まぶた
●全切開法二重まぶた手術 拡大中隔前脂肪切除(ROOF ルーフ切除) 腱膜固定術
非常に腫れぼったいまぶたが、薄くて自然な二重まぶたになった。
まぶたは開きやすくなった。


腫れぼったいまぶたをすっきりとした二重まぶたに

自然なまぶたへ~腫れの原因に対する治療が必要

眼窩脂肪が厚い →眼窩脂肪切除
ルーフが厚い →ルーフ切除
涙腺肥大(涙腺脱出) →涙腺固定
ひたいのタルミ →眉下切開、眉毛固定、前額リフト

まぶたが腫れぼったいと、一般的に「眼窩脂肪」の切除が行われます。
眼窩脂肪切除でまぶたの腫れぼったさの半数は解決できるのですが、万能ではありません。
まぶたのルーフや涙腺、ひたいのタルミなども腫れぼったさの原因になります。
腫れぼったさの犯人に対する治療を行わないと、自然なまぶたになりません。

▼対象となる患者さん

✔生まれつき腫れぼったいまぶたをすっきりとしたい
✔加齢に伴いまぶたが腫れぼったくうっとうしく感じる
✔まぶたの皮膚を切り取ったら腫れぼったくなって困っている
 
眼瞼下垂症手術後 or 二重まぶた手術後
✔二重まぶた手術や眼瞼下垂症手術を受けるが、自然なまぶたに仕上げたい


参考症例

▽腫れぼったいまぶた
(全切開法眼瞼下垂症手術後のトラブル症例 皮膚を切り取ったらまぶたが腫れぼったくなった)

腫れぼったいまぶた ROOFルーフ切除
●拡大中隔前脂肪切除(ルーフ切除)のみ
腫れぼったい二重まぶたが、薄く自然な二重まぶたに変化。

▽まぶたのタルミ&腫れぼったい(涙腺タイプ)

腫れぼったいまぶた 眉下切開 涙腺固定
●眉下切開 + 涙腺固定 + 内側前額リフト
まぶたの腫れぼったさの原因の50%が涙腺であった症例
涙腺固定によりすっきりとした自然なまぶたになった。

▽まぶたのタルミ&腫れぼったい(眉毛下垂タイプ)
(うまれつき眉毛が下がり気味の症例)

腫れぼったいまぶた 眉下切開 内側前額リフト 眉毛固定
●眉下切開 + 眉毛固定 + 内側前額リフト
まぶたの腫れぼったさ&タルミの原因が眉毛の下垂であった症例
タルミに隠されていた自分の本来のまぶたが出てきて、すっきりとした二重まぶたになった。


Q&A 腫れぼったいまぶた

 

 

<次ページ> ≫≫ 眼瞼下垂症手術
ページトップへ戻る